ベントム工業|Bentom

ベントム工業のサービス

品質への取り組み

工場紹介

会社案内

採用情報
お問い合わせ

サービス紹介SERVICE

トップ > サービス紹介 > 金型製作 ダイカスト型

充実した設備と30年以上の豊富な経験をもとに、高精度なダイカスト型を製造します。

製造可能な金型サイズ

350tクラスの金型まで対応します。

ベントム工業の強み

01多彩な設備から適切な加工法を選択

金型は、切削加工、放電加工、研磨加工、組付け調整作業、測定など様々な技術を駆使して製造します。ベントム工業は、縦型マシニングセンター4台、横型マシニングセンター1台、複合加工機2台、高速加工機2台、形彫り放電加工機2台、ワイヤーカット放電加工機1台、3次元測定器、その他にも数多くの設備を保有し、製品に合わせた加工法を選択します。

02試作型にもスピーディーに対応

ダイカスト型、鋳造型とも一式型(量産型)だけでなく、試作型と呼ばれる金型の製造にも積極的に取り組んでいます。私たちの作る金型は年間40型以上。 豊富な経験を持ち、さらに最新技術を取り入れることで、高品質高精度な金型を短納期でお届けします。

ダイカスト金型とは?

ダイカストとは、精密な金型に溶融金属(アルミニウム・マグネシウム・亜鉛)を高圧で圧力をかけて注入することにより、高精度の鋳物を短時間に大量に生産することが可能な鋳造法です。他の鋳造法に比べて、鋳肌の美しさ、高い生産性、高精度、薄肉軽量化が可能などのメリットがあります。ダイカストは紀元前から続く砂型鋳造法と比較すると歴史は浅く、日本国内においては100年程度の新しい鋳造法です。ダイカスト金型の80%以上が自動車産業で使われています。

サービス紹介 最大加工・測定可能サイズ サイクロン SyncVision
Copyright © Bentom kougyou Co, Ltd. All rights reserved.